ブレイブフロンティア ヒーローズ

[ブレヒロ] 4thユニットセール ユニット紹介 – ブレイブフロンティアヒーローズ攻略

4thユニットセールで販売されるユニット全4種の性能を紹介していくよ!
暫定的な性能ランキングとブレイブバーストにどれくらいの威力があるか検証もおこなったよ!

4thユニットセールの概要

4thユニットセールの概要は以下のとおりだよ!
  • 開催期間: 3/12日(木)22:00〜3/24(火)14:00
  • 販売方式: 在庫連動型ダッチオークション

価格の下落スピードと下限価格は以下のようになっている。

4thユニットセールの販売開始価格

4thユニットセールでは、Epic2種、Rare2種の計4種のユニットが販売される。
各レアリティの販売開始価格は以下のとおりだよ。
  • Epic: 2,237ゼル
  • Rare: 1,057ゼル

Epicユニット紹介

赤剣神ファルオン (Epic / 炎)

暫定評価: C (BBの威力が一撃必殺にはやや足りない)

待望の魔攻バフを入れてから全体攻撃を放つブレイブバーストを持つユニットだね。
全体攻撃の本分は一撃で敵を全滅させることにある。少なくとも2、3体はまとめて葬らないといけない。でないと、相手のブレイブバーストをかえって誘発してしまい逆にこちらが危険な状況に陥る。
なので、全体攻撃のブレイブバーストを持つユニットを評価するときは、「一撃で敵を全滅できるほどの威力があるか?」というのがポイントになる。

ではファルオンのブレイブバースト一撃で敵を全滅させられるかというとこれが微妙。
30%魔攻バフが乗ってから発動するのはいいんだけど、威力設定が魔攻110〜130%とかなり低め。
110%の方を引いてしまうと、壁以外のユニットに対してもダメージが3,000を下回り撃ち漏らす可能性が高い。
一撃必殺とするには、どうしてもブレイブバーストバフや虚脱での魔防デバフが必要になってくるよ。
HP25%以下という発動の難しさももちろん課題になる。

パラメータは敏捷が110とEpic最下位の水準。
ほかのユニットからのサポートを受けてからブレイブバースト発動しやすいとも考えられるけど、現在の環境では基本的に有利に働くことは少ないだろう。

禍神フィーヴァ (Epic / 闇)

暫定評価: A (強いけど、お手軽最強じゃないよ)

全体敏捷バフに目が行きがちだけど、何気にEpicとしては初の前列対象のブレイブバーストを持つユニットだ。
威力は攻撃175%と高めで、数値が固定されているためダメージを計算しやすいのも強み。
発動もさせやすいので、相手のラーガ複数を一度に沈める用途でも使っていけそうだね。威力的に攻撃バフのサポートは必須であるけれども。
30%敏捷バフについてはもちろん強力ではあるものの、効果時間が2ターンと短いため十分なアドバンテージとなるかは未知数なところがあるね。

現在のEpic帯の戦いは、突き詰めていくと相手のラーガをどう抑えてどう倒すかということになる。ユニットの評価も「このユニットがいればラーガに勝てるか?」というのがポイントになる。
じゃあ、フィーヴァにそういう能力があるのかというと、ラーガとまともに殴り合ったら敏捷バフがあっても不利。敏捷バフではラーガのブレイブバーストを防ぐことはできないから、結局後の先でラーガが勝つことになる。相手のパーティにいるラーガの数が増えればさらにフィーヴァ側としてはきつくなる。

なので、フィーヴァとしてはどうしてもブレイブバーストの前列攻撃部分をうまく使っていく必要がある。これでまとめて敵ユニットを2体葬って数的有利を作り出していきたい。
口でいうと簡単だけど、実戦でこの状況を作り出すのはかなり難しい。フィーヴァの運用は決して簡単じゃないよ。
少なくともラーガみたいなお手軽強力ユニットではないね。

Rareユニット紹介

壊大姫神ルーリー (Rare / 樹)

暫定評価: A (魔攻最高! ランゲ&ガイツキラー!)

魔攻がRareユニットの中でダントツのトップ。しかもランゲやガイツの弱点である樹属性。
これだけで十分役に立つね。
一方で敏捷はRare最下位の水準なので、成長傾向変更で最高の130%までぜひ上げておきたい。敏捷+8のスフィアでの増強もほぼ必須だ。

ブレイブバーストは発動条件がゆるく、発動率もRareユニットとしては高め。
威力も非常に高く、虚脱による魔防デバフが入らなくてもほとんどのユニットを一撃で倒せるくらいのダメージ(3,000↑)が出る。
アリサと並ぶ、Rare帯の最優秀魔攻アタッカーになれるポテンシャルがあるね。

雷昂神リュード (Rare / 雷)

暫定評価: C (ブレイブバーストの威力は高いけど、発動率が残念……)

ブレイブバーストは魔攻30%バフを入れてから発動し、さらに威力が160%とかなり高め。
壁型のユニット以外には4,000近いダメージが見込めるので、後列にクリーンヒットしたらほぼ確実に2体まとめて落とすことができる。

問題は発動率の低さ。条件を満たしても60%だとかなり不安が残るね。
現在のPvPでは「条件がかんたんで確実に発動」するブレイブバーストを持つユニットが高く評価される。
「バトル開始直後に」とか「自分が戦闘不能になったとき」とか「味方が戦闘不能時に100%」とか、確定状況を作って確実にブレイブバーストを発動できるユニットの評価が高いわけだね。
リュードのブレイブバーストはこの条件をまったく満たしていないため、どうしても評価は低くなってしまうね。

事故を起こしやすいタイプのユニットなので、タイトルマッチでは防戦用のパーティに編成しておくと望外の勝利を呼び込んでくれるかも?

『ブレイブフロンティア ヒーローズ』(ブレヒロ)の関連情報

最新情報

全情報のまとめページ

ゲームの遊び方

ゲーム攻略

ユニット性能ランキング

ユニット性能解説

データ集

『ブレイブフロンティア ヒーローズ』(ブレヒロ)の関連リンク