ブレイブフロンティア ヒーローズ

[ブレヒロ] ユニット性能ランキング Rare部門 – ブレイブフロンティア ヒーローズ攻略

ファオ
ファオ
ブレヒロに登場するユニットを各レア度別に格付け!
Rareユニットのランキングだよ!

今回はRareユニットが激突する「幟臣召」クラスのタイトルマッチで活躍する3人の現役プレイヤーに評価をしていただきました!
junさん、れんとくさん、カナキックさんの3名です!

3人とも「幟臣召」クラスタイトルマッチの称号をたくさん持ってる最上位級のプレイヤーだな!

ランキングの評価基準

ファオ
ファオ
このランキングは、Rareユニットのタイトルマッチにおける格付けだよ。

ランクはSが最高でDが最低となっている。
3人のレビュアーの方には、以下のような基準で評価してもらったよ。
  • S: タイトルマッチで最上位を狙うなら必須級のユニット
  • A: パーティに編成することで高い勝率を期待できるユニット
  • B: 編成や使い方によっては上位のチームに対して勝利できる可能性があるユニット
  • C: 勝ち筋や活躍できる機会が限られるユニットー
  • D: 現在のタイトルマッチ環境では活躍させるのがほぼ難しいユニット

レビュアーの評価が異なる場合は、平均点をとってランキングをつけたよ。

Rareユニットの性能ランキング一覧

ファオ
ファオ
2020/3/8時点でのRareユニットの格付けはこうなったよ!
  • Tier S: ランゲ、ガイツ、(孫策)
  • Tier A: ライン、アリサ
  • Tier B: ランシア、テイザー、ガレル
  • Tier C: リーチェ、シス・ギア、リリー・マター
  • Tier D: ベルデッド、ダルタニャン、メリナ

ファオ
ファオ
各Tierごとに格付けの理由を解説していこう。

Tier Sのユニット

魔鎧の鋭霆雄ランゲ: S

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(S): 単体ターゲット機能を持つスキルの使用が主流な環境において必須ユニット。ランゲを入れて無ければ瞬く間に自陣ユニットが倒され、勝ち筋が無くなる。
  • れんとくさん(S): レア帯で唯一の挑発持ち。現状のアークレイブ・神切シリーズによる集中攻撃環境では必須。カチカチにして耐えるも善し、捨て駒として使いカウンター(ガイツ・孫策)で攻めるも善し。
  • カナキックさん(S): レア帯で唯一の挑発持ちのユニットであり、現在のアークレイブor神斬シリーズ環境にて必須のユニット。挑発を活用することで、アークレイブor神斬シリーズによる狙い撃ちを阻止することが可能となる。また、味方の死亡時にBBが発動する”孫策”や”勇拳老神ガイツ”とのシナジーが強力であり、タイトルマッチ上位陣はこの組み合わせが多い。

ファオ
ファオ
強い弱い以前に、「環境として必須」という評価だね。味方の戦闘不能をトリガーとしてブレイブバーストを発動させるガイツ、孫策との相性のよさも重要なポイントだ。

勇拳老神ガイツ: S

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(S): 最速の敏捷、高攻撃力の驚異的なアタッカーユニット。素早さのガイツ、カウンターの孫策という2人がR帯の強力なアタッカー。ランゲの死亡をトリガーにBBを発動させる使い方が強い。BB発動で正面を1撃で撃破出来る性能を持つ。またBB発動後は敏捷、攻撃共に30%アップなので無双しやすい。
  • れんとくさん(S): レア帯最速にして4発もBBが打てる。アルトレイトで攻撃20%バフ後ならランゲ以外はBBでワンパン可能。BBで敏捷もupするので後半は無双する。複数積みがおススメ。
  • カナキックさん(S): 魔鎧の鋭霆雄ランゲ”がいることが前提条件であり、”魔鎧の鋭霆雄ランゲ”が居なければ俊敏の高さがアダとなり神斬シリーズの餌食となりBBを発動することなく戦闘不能となってしまうこともある。敏捷値の高さが現レア帯では飛び抜けており、敏捷値の目標値である150を超えてくるため連続で2回攻撃する場面もしばしば見る。BBの発動条件確率、発動回数も他のユニットと比べると異常に高く是非とも手に入れたいユニットである。”魔鎧の鋭霆雄ランゲ”+”勇拳老神ガイツ”2体以上のチームは強力であり、さらにそこに”孫策”が加わると非常に手強い構成となる。

ファオ
ファオ
カミナリ親父コンビがRareユニット最強の称号を獲得!

孫策: S

レビュアーの評価とコメント

  • れんとくさん(S): (ダルタニャンとレアリティ逆に付けられた?と疑うほどの強さ)

ファオ
ファオ
UnCommonのユニットだけど、あまりの強力さから例外的にランキングに掲載。
Rare帯の戦いどころか、Epic帯でも十分通用してしまうほど。
味方の戦闘不能をトリガーとして発動する高威力ブレイブバースが非常に強力だ。

Tier Aのユニット

爪闘神ライン: A

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(A): R帯で最も高い物理攻撃力と高い素早さを持つアタッカーユニット。BB発動条件が被状態異常時という特殊な場合のみなので、ほとんどBBが発動しない。それを上手く利用してスキルを順番通り使ってくれるユニットとして重宝するが、事前にシミュレーションを入念にする人向け。1番輝くのはベルデッドの様な全体状態異常付与持ちに対してのアンチピックだと思う。
  • れんとくさん(A): レア帯No.1の攻撃力とそこそこ敏捷があるので素殴りで十分強い。BB発動条件が被状態異常時なので発動しにくいが、180%ダメージとなかなか強力。リリー・マター対策にもぴったり。
  • カナキックさん(A): 敏捷値、攻撃値が高く強力なユニット。BBのメルトガーディアンも発動さえすれば非常に強力。一方で、BBの発動条件である異常状態を満たす機会が少なく当初は評価が低かった。しかし、”煉獄神ベルデッド”のような敵をデバフするようなユニットの出現により、比較的発動条件を満たしやすくなり今後も需要は上がってくると思われる。

ファオ
ファオ
ブレイブバースト以上に、素の性能の高さが評価されているね。
バトル開始直後に状態異常を付与してくるユニットが増えれば、Rare帯だけでなくEpic帯でも活躍できるポテンシャルがありそうだ。

魔弾神姫アリサ: A

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(A): R帯で最も強い魔攻アタッカーユニット。ランゲとの属性相性が良い為、ランゲ落としに有効。BBが強力かつ複数回打てるので1体でもアリサが残っていればカウンターBBで逆転というケースもある。魔攻のターゲット機能を持つスフィアが登場した場合、今以上に活躍すると思う。(出ましたね笑) また被ダメージ後のBB発動なので回復ユニットとの組み合わせも良い。
  • れんとくさん(A): 盾役ランゲに対して属性優位のため落としやすい。BBの威力も高く発動条件も簡単なので使いやすい。
  • カナキックさん(A): Sに近いAのユニット。BBの連装魔閃『アマリリス』が非常に強力。発動確率が80%と高く、発動条件も被ダメージ直後の行動時と緩く、発動回数も3回と多い。そして何より前列の敵に150%の魔攻ダメージという攻撃対象が多い上に高火力、さらには70%の確率で雑念状態するというおまけ付きというこれ以上ないBBであると評価する。”蒼光帝ガレル”の登場により連装魔閃『アマリリス』の猛威がより一層増していくと予想する。

ファオ
ファオ
最も防御が高い敵に魔攻ダメージを与える「終世の黙示録」シリーズのスフィアが実装されたため、ランゲを即落とすことができるユニットとして評価が上がっていきそうだね。

Tier Bのユニット

食炎神ランシア: B

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(B): 回復&攻撃バフ&アタッカーユニット。回復だけでなく、物理攻撃力も高い為、アタッカーとしても機能する。ただ自身のランゲが1ターン目に倒される程度の防御力だった場合、2ターン目以降ずっと回復を無駄撃ちし続けるという弱点を持つ。また自身のBBで攻撃バフが乗る孫策、ガイツと同じパーティに編成すると攻撃バフ自体も無駄打ちになる。
  • れんとくさん(C): 集中攻撃環境(アークレイブ・神切シリーズ)では、回復が攻撃の機会ロスでしかない。HP・防御を調整しガイツ・孫策のBBに耐えうる編成に出来れば回復は効果大。
  • カナキックさん(A): 攻撃強化を兼ね備えた回復系ユニット。当初は唯一の回復ユニットであり、需要は非常に高かった。しかし、同じ回復系ユニットである”癒聖神リーチェ”の出現や、回復より全力攻撃構成の流行により以前よりかは必須ではなくなっていった。実際『味方全体のHPが60%以下の状態』という発動条件のため、回復能力が発動するタイミングが微妙なこともあり最近は採用していないチームもみられてきている。それでも回復能力は相手にとって十分厄介であり、高い勝率をもたらしてくれるため今回はAと判断した。

ファオ
ファオ
回復系のユニットは評価が難しいね。何体か味方が倒れて残りのユニットがHP満タンの状態でも回復のブレイブバーストが発動してしまう。このバトルの仕様が泣き所だ。

穿神テイザー: B

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(B): 対炎アタッカー。現環境ではランシア、孫策のアンチピックになる。BB威力が170~180%と非常に高く、炎ユニットの正面に配置すれば敵ランゲの挑発を躱した際、もしくは敵ランゲ死亡後は炎ユニットを一撃で倒せる。ただ耐久力が低く、敏捷が遅いため、思った通りの動きをする前に死んでしまう事もしばしば。配置、敏捷の調整には要注意。
  • れんとくさん(B): 火属性(ランシア・孫策)と対戦するときは必須レベル。鈍足なのがネックではあるが、弱点属性40%upの170~180%ダメージを3発打てるのは魅力的。
  • カナキックさん(B): BBであるフォーカロールが強力。80%の確率で3回も発動できるのも魅力的だ。ただ、敵に火属性が居なければ発動できないため活躍機会に制限があり、しばらくは”孫策”対策として使用されると思われる。今後の環境変化次第では十分活躍の機会が期待できるユニットであり、所有していれば戦略の幅が広がる。

ファオ
ファオ
孫策が暴れ回る環境では十分活躍の機会があるね。

蒼光帝ガレル: B

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(C): 魔攻全体バフユニット。魔攻アタッカーユニットが現状少ない為、評価は低め。仮に魔攻アタッカーが増えたとしても、BB発動時の「最もダメージを受けている敵に攻撃110%のダメージ」が絶妙に火力が出ず、使いにくいのが難点。
  • れんとくさん(B): 石板シリーズが出てきたので、魔攻艦隊(アリサ・リーチェ・リリーなど)のバフ要員として今後の脅威となりそう。
  • カナキックさん(B): BBの3ターン、全ての味方の魔攻を30%アップは強力であり、魔攻タイプのチームでは重宝される。残念なのはBBで与えるダメージが攻撃ダメージであるという点だ。もし仮にこれが魔攻ダメージであれば非常に強力であり、AあるいはSランクであろう。発動条件が味方の戦闘不能時なので”魔鎧の鋭霆雄ランゲ”と組み合わせて使いたい。

ファオ
ファオ
今後、魔攻系のユニット、スフィアも充実してきそうなので全体魔攻30%バフは重宝されそうだね。

Tier Cのユニット

癒聖神リーチェ: C

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(C): 回復&魔防バフ&魔攻アタッカーユニット。回復だけでなく、魔攻も高い為、アタッカーとしても機能する。ただランシアと同様、回復の無駄撃ちになり得る。また魔防バフについてはランゲで10%乗る事を考えると多少無駄ではある為、ランシアより評価は低め。魔攻アタッカーユニットが今後増えた場合活躍の可能性あり。
  • れんとくさん(C): 集中攻撃環境(アークレイブ・神切シリーズ)では、回復が攻撃の機会ロスでしかない。HP・防御を調整しガイツ・孫策のBBに耐えうる編成に出来れば回復は効果大。
  • カナキックさん(A): 魔攻型かつ魔防強化を兼ね備えた回復系のユニット。相手に”穿神テイザー”がいるときの”食炎神ランシア”の代用や、相手が魔攻タイプのチーム編成の場合重宝する。前列の味方の魔防を30%アップするBBは”魔弾神姫アリサ”のBB連装魔閃『アマリリス』の対策としても十分活用できる。

ファオ
ファオ
Rare帯のアタッカーは攻撃タイプであるガイツと孫策が主流なので、リーチェの魔防バフは活用の機会が少なめ。
魔攻型を採用するプレイヤーが増えてくれば出番はありそうだ。

翼神機シス・ギア: C

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(C): R帯、唯一の全体ダメージBBユニット。誰もがハイネの様な大逆転の使い方を考えるがBB威力の弱さから断念する。では2体編成で、2回BBを打てれば?とも考えるがターゲット機能を持つスキルが多い環境ではそれも難しい。闇属性の攻撃15%減という何とも言えない効果を加えるのであれば、攻撃倍率を上げて欲しかった。ロマン砲枠。ただ、敵の編成を見て、細かく計算をした時にたまに使える時はある。
  • れんとくさん(C): BBが全体120%と一撃で相手を倒しきるには足りず、カウンターを食らう危険性が高い。複数積むなどして一気にたたみ掛けられる編成であればいいが、使いどころが難しい。
  • カナキックさん(C): BBのフライング・フィニッシュは不利な状況から一気にひっくり返す逆転の一手。幾度となく見てきたし、私自身フライング・フィニッシュの被害にあったこともある。しかし、一方でそれよりもフライング・フィニッシュを出せずに”翼神機シス・ギア”が戦闘不能になってしまう、あるいは出さずに勝ってしまう状況の方が多い印象だ。運要素も大きく、現時点では使いにくいため攻撃力バフをしてくれるユニットの登場など環境変化による活躍を期待したい。

ファオ
ファオ
Rare帯のハイネにはなれなかった……。

女帝リリー・マター: C

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(C): 全体敏捷デバフユニット。ランゲだけでなく、リリーマターにも盾を持たせ耐久力を上げ、ガイツ複数編成との併用という使い方がある。BBさえ発動すれば、自陣のガイツが無双する状態を作れる。ただBBが発動しなければただの置物となる。使い方が非常に限られる。
  • れんとくさん(B): いずれかの味方HP20%以下(戦闘不能含む)状態で40%と発動条件は厳しいが一旦発動すれば相手はほぼ敏捷100未満に落ちるので起死回生の一手となることもある。
  • カナキックさん(C): BBがなかなか発動しない。発動さえすれは敏捷を下げることができるので確かに有利になる一方で、”爪闘神ライン”のBB発動条件を満たしてしまいメルトガーディアンの餌食となる。”女帝リリー・マター”が必要な場面というのはあまりなく、タイトルマッチでの採用理由は育成してしまったが故に惰性で使っている印象である。しかし、現レア帯では魔攻型のユニットはまだ少なく、攻撃型とのバランスを取るといった役割は依然としてある。

ファオ
ファオ
ブレイブバーストの発動条件が厳しいね。条件を満たしても発動率40%では安定して活躍させるのは難しい。

Tier Dのユニット

煉獄神ベルデッド: D

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(D): 全体魔攻デバフユニット。相手が魔攻アタッカーで揃えている場合にしか有効ではない。現環境では魔攻アタッカーが少ないので活躍の機会は少ないが今後はあり得る。
  • れんとくさん(D): 戦闘開始時でもない(初行動時)し、3ターン雑念(魔攻30%ダウン)だけじゃ使いものにならない。
  • カナキックさん(D): 魔攻タイプのチーム対策として採用されるユニット。しかし、BBによる魔攻を下げる雑念状態は初めの3ターンしか効かず、相手の”蒼光帝ガレル” のBBとも噛み合いそうにない。結果として空振りとして終わるだけではなく、むしろ相手の”爪闘神ライン”を元気付けてしまうのではないだろうか。ステータスもこれと言った特徴はなく採用する機会は少なそうである。

ファオ
ファオ
現環境にマッチしていないユニット。「速攻タイプの魔攻特化パーティ」が環境に増えてきたら出番はありそうだね。

ダルタニャン: D

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(D): 全体物理攻撃・魔攻バフユニット。全体バフだけでなく、攻撃がBBについていれば、ランゲの様に戦闘開始時の発動であれば、まだ使い道は合ったと思うが現状の性能では・・・アンコモンかと疑うレベル。
  • れんとくさん(D): 被ダメ後の発動では遅い。開始時もしくは初行動時であれば使いどころはありそうだが、現状では活躍が難しい。
  • カナキックさん(D): BBが他のユニットと比べると見劣りする印象。味方の魔攻と攻撃を2ターン20%アップしてくれるが、魔攻と攻撃に分散している点、2ターンしか持続しない点、20%しか上がらない点、そして何より1度しか発動しない点を考慮すると”蒼光帝ガレル”の下位交換と言わざるを得ない。

ファオ
ファオ
ブレヒロでのダルタニャンは非常に厳しそうだ……。

煉獄神メリナ: D

レビュアーの評価とコメント

  • junさん(D): 物理版劣化アリサ。BBの発動条件、ダメージ量、ダメージ対象どれをとってもアリサの劣化版だと感じる。ターゲット機能を持つスキルが多く使われている環境においてHP60%以下で数ターン生き残るという状況を作るのが難しい。
  • れんとくさん(C): BBが弱体(防御30%落とす)+ 後列110%ダメージなので、攻撃力・バフ次第では一撃で落とすことも出来るかもしれない。複数積めば全滅も可能か。
  • カナキックさん(D): BBの発動条件がやや厳しく、また効果も強力とは言えない。それ故使いにくく、現時点で活躍させるのは難しく採用率も低い。環境変化による活躍も見込めないのではないかと思われる。

ファオ
ファオ
ブレイブバーストの性能の悪さもさることながら、攻撃≒魔攻≒防御≒魔防というパラメータの特徴のなさもマイナスポイントかもしれない。

『ブレイブフロンティア ヒーローズ』(ブレヒロ)の関連情報

最新情報

全情報のまとめページ

ゲームの遊び方

ゲーム攻略

ユニット性能ランキング

ユニット性能解説

データ集

『ブレイブフロンティア ヒーローズ』(ブレヒロ)の関連リンク