ブレイブフロンティア ヒーローズ

[ブレヒロ] 5thユニットセール ユニット性能解説 – ブレイブフロンティアヒーローズ攻略

5thユニットセールで販売されるユニット全6種の性能を解説していくよ!

5thユニットセールの概要

5thユニットセールの概要は以下のとおりだよ!
  • 開催期間: 3/26日(木)22:00〜4/7(火)14:00
  • 販売方式: 在庫連動型ダッチオークション

UnCommonユニットの販売期間は3/26(木)22時から4/14(火)14時までだよ。

価格の下落スピードと下限価格は以下のようになっている。
今回から価格下落スピードの設定に変更があったよ。

下降割合が5%ずつ減少し、今までよりゆっくり値下がりするようになります。

5thユニットセールの販売開始価格

5thユニットセールでは、Epic2種、Rare2種、UnCommon2種の計6種のユニットが販売される。
各レアリティの販売開始価格は以下のとおりだよ。
  • Epic: 2,210ゼル
  • Rare: 820ゼル
  • UnCommon: 451ゼル

Epicユニット紹介

大戦神フィリア (Epic / 樹)

暫定評価: C (ブレイブバーストが確定発動じゃないのが痛い!)

みんな大好き、味方の戦闘不能をトリガーとしてブレイブバーストを発動させるユニットだよ!
威力はかなり高いけれども、発動率が80%と確定じゃないところに不安が残るね。
20%の確率で発動をミスると考えると、条件を満たせば100%発動のブレイブバーストを持つユニットが多いEpic帯のPvPで使っていくのはなかなか厳しいという印象だ。

フィリアの具体的な利用シーンを考えてみよう。
敵味方のユニットが1体ずつ倒れた状況で、相手のクレリアがブレイブバーストを発動する前にフィリアが一撃で落とすという役割が考えられるね。
クレリアが魔鳳冠ヴァーミリオンを装備してると最大HPが増えるので、ブレイブバーストのターゲットとしては狙いやすい。
弱点属性ダメージバフも入るため4,000以上のダメージを与えることができ、よほどHPに寄せたクレリアでなければまず一撃で落とせるはずだよ。

問題はやはりブレイブバーストの発動率で、20%の方を引いて通常攻撃が出てしまった場合はクレリアを撃ち漏らしブレイブバーストを発動されてしまう。
こうなると味方1体がまず落とされ、こちらとしては非常に不利な状況に追い込まれる。
そのリスクを承知でフィリアを起用できるか、この判断がとても難しいね。

また、ブレイブバーストが弱点属性でないユニットをターゲットにした場合、そのユニットはHPが満タンかそれに近い状態であるはずなので撃ち漏らすリスクも高くなる。
やはりこの場合も発動後のシチューションが厳しくなる危険性が高い。

このように具体的なケースを考えると、フィリアはかなり起用がハイリスクなユニットということになりそうだね。
「味方全体への弱点属性ダメージ30%アップ」という効果に、そのリスクに見合うだけのリターンがあるかというと……。

金騎神リーナ (Epic / 雷)

暫定評価: B (トーラの魔攻版! クレリアとの相性がよさそう!)

ざっくり紹介するとトーラの魔攻版だね。
リーナもトーラもブレイブバーストの攻撃対象が後列で、威力もほぼ同じ水準だ。
付与する状態異常が呪いから麻痺に変わっているのが違い。成功率は50%に落ちている。
発動回数は1回で、トーラより1少ない。
敏捷のステータスはかなり低めだけど、クレリアの魔攻バフを受けてから攻撃しやすいと考えるとメリットにもなりうるね。

トーラの方は最近タイトルマッチでの採用率が下がり気味だけど、リーナは魔攻型のパーティでは採用しやすいはずだよ。
Epicにはクレリアという強力な魔攻バッファーがいるので、一緒に起用すれば敵の後列を一撃でまとめて屠れる優秀なアタッカーになれる。
リーナのブレイブバーストは条件を満たせば100%発動なので、同じ後列攻撃のブレイブバーストを持つプルス(発動率60%)よりは信頼がおけるね。

Rareユニット紹介

水法神クーラ (Rare / 水)

暫定評価: C (全体攻撃30%バフは強いけど、ダメージを与えられないのが辛い……)

みんな大好き、味方の戦闘不能をトリガーとしてブレイブバーストを発動させるユニットその2!
全体攻撃30%バフはとてもいいね。だけど、同時にダメージを与えられないのがきつい。ダメージレースではこれだけで後手に回ってしまう可能性がある。
本人は魔攻タイプで、攻撃バフの恩恵をほとんど受けられないのも残念ポイントになる。
魔攻のステータスは下げて攻撃を上げて、攻撃タイプとして使う方がいいね。

Rare帯でアタッカーとして人気のラインとの相性が悪いのも微妙だ。
ラインは自分が状態異常であるのをトリガーにしてブレイブバーストを発動するので、状態異常を解除されてしまうと発動チャンスを失ってしまうことになる。

もう1人のRareの人気アタッカーであるガイツは、クーラと同じ味方の戦闘不能をトリガーとしてブレイブバーストを発動させるユニットで、自分への30%攻撃バフを持っている。
クーラの攻撃バフを使うより、ガイツを複数体パーティに入れた方が火力は格段に上になる。
ガイツが高くて手に入らないという状況を除くと、あえてパーティの1枠をクーラに使うという選択はとりづらいんじゃないかな。

黒双騎神エル (Rare / 闇)

暫定評価: C (決定力にはかけるけど、使い勝手はよさそう。だだ、Rareの光属性ユニットがまだ少ないよ……。)

相手に光属性のユニットがいることをトリガーにして発動するブレイブバーストだね。
Rareの光属性ユニットはまだシス・ギアとガレルの2体だけでPvPでの採用率が高くないため、それに連動してエルの出番も限られたものになるはずだよ。
じゃあEpic帯の戦いで使えるかというと、そちらではだいぶ力不足かな。
Rareに光属性ユニットが実装されていくに従ってエルの出番も増えていくとは思う。

エルのブレイブバーストは発動タイミングが早いので、相手のランゲをターゲットにする可能性が高そうだ。その場合のダメージは2,500前後。
ランゲ以外のRareユニットであれば、ほぼ一撃で倒せるくらいの威力はある。でも、HPを増強されてると撃ち漏らす可能性が高い。
相手に挑発持ちがいなくて、ターゲットとなるユニットを一撃で倒せそうならエルを使う大チャンスになる。

前列への20%ブレイブバーストバフは貴重で、攻撃バフと効果がかぶらない。そのためガイツや孫策と一緒に使いやすい。
ガイツや孫策のブレイブバーストの威力をさらに伸ばせると考えると使い勝手はいいかもしれない。

UnCommonユニット紹介

王神アリウス (UnCommon / 水)

暫定評価: C (全体的に中途半端かな)

ブレイブバーストは「最も攻撃が低い敵」をターゲットにするので、攻撃の低いディアを狙い撃ちしやすい。
弱点属性ということもあり、ちゃんとアリウスとスフィアを鍛えていれば3,000以上のダメージが出せるので、一撃で倒せる可能性が高い。
ディア以外には孫策を狙いたいところだけど、孫策の攻撃が敵パーティで一番低いということはまず考えられず、この用途では使えなさそうだ。
ディアと孫策以外をターゲットにした場合は一撃で倒すのは難しく、決定力不足が露呈しそうだね。

ブレイブバーストのもう一つの効果である前列への魔防20%バフも効果としては中途半端。
被ダメージ後の発動になるので一手遅い印象だ。

銃神ハイト (Rare / 光)

暫定評価: B (狙っていきやすい前列攻撃のブレイブバースト。威力もまあまあ)

ブレイブバーストは対象を虚脱(魔防30%ダウン)にしてからダメージを与えるので、魔攻130%という基本威力以上のダメージが出せるよ。
同じ前列攻撃を持つサレアスよりは瞬間的なダメージが多く、ディアよりは少ない。
ディアは相手に樹属性がいないとブレイブバーストが発動しないので、ハイトの方が出番は多くなりそうだ。

ブレイブバーストの発動条件はややシビアだけど、UnCommon帯にはまだ挑発スキルを持つユニットがいないので、狙って発動させるのは比較的やりやすい。
ハイトがダメージを受けるタイミングを調整して、相手の攻撃を受けた直後にブレイブバーストを発動させよう。
威力は一撃必殺とはいかないので、後続ユニットによる追撃は必要になってくるよ。

『ブレイブフロンティア ヒーローズ』(ブレヒロ)の関連情報

最新情報

全情報のまとめページ

ゲームの遊び方

ゲーム攻略

ユニット性能ランキング

ユニット性能解説

データ集

『ブレイブフロンティア ヒーローズ』(ブレヒロ)の関連リンク