[ヒーロー詳細] ランスロット – My Crypto Heroes(マイクリ)攻略

ランスロットの性能分析

ランスロット / Lancelot
レアリティEpic発行数MAX100
能力値HPPHYINTAGI総合力
Lv196251718276
LvMAX(90)471120821891344
パッシブスキル湖の騎士
自分がActive Skillでダメージを受けた後、50%の確率で発動
1.一番AGIの低い味方のAGIを、自分が受けたダメージの15%~20%分アップ
2.最もAGIが高い味方のAGIを、自分が受けたダメージの15%~20%分アップ

※総合力 = HP + Phy*3 + Agi*3 + Int*3

ダメージを受けたときに確率で発動する、味方2体へのAGIバフのパッシブスキルをもつヒーローだ。
対象はもっともAGIの低い味方ともっともAGIの高い味方で、このスキルで味方のAGIが変化するため、実質的には全体AGIバフといっていい。
バフの量は自身がその攻撃で受けたダメージに依存する。
150のダメージであればバフ量は23〜30となる。
発動率は50%なので悪くはないね。

パッシブスキルは自身のいずれのパラメータにも依存しないため、HPとAGIを高くして運用するのがよさそうだね。
回復しながらAGIバフが使えるストロベリーのエクステンションとの相性はとてもいいはずだよ。
PHYを低くしすぎるとナイフで恐怖を付与されてパッシブスキルを封印されてしまうので、これは注意が必要。
また、ランスロットのパッシブスキルはAGIがもっとも高い味方をコロコロ変えるので、ヘタをするとナイフで味方全員に恐怖を付与されてしまうということもありえる。
戦う相手のエクステンションはよく確認しよう。

ランスロットは黒髭のAGIデバフへの対策として使えそうな印象があるね。
実際やってみないとわからないけれども、計算上はけっこう厳しいように見える。
ランスロットのパッシブスキルは発動タイミングがダメージを受けたときで、1回の効果量もそれほど大きくないため、AGIが高くなった黒髭から受けるAGIデバフ以上に回復するのは難しそうだ。
また、黒髭はナイフを装備してる可能性が高いため、ランスロットにとってはこれもしんどい理由になる。
ランスロットを黒髭対策に使えるか、微妙なところだ。

ランスロットの入手方法

ファオ
ファオ
2020/1/21(火)12:30から2/11(火)11:30まで、Shopで100体限定で販売されるヒーローだよ。
最初の1週間はプライムユーザー限定の先行販売期間となっている。
購入するには公式サイトにアクセスしてね。



『My Crypto Heroes』(マイクリ)の関連情報

『My Crypto Heroes』(マイクリ)の攻略情報

最新情報

ヒーロー性能ランキング

データ集

初心者向け攻略情報

ゲームの基本情報

クエストデータ&攻略

デュエル攻略

ランド情報

『My Crypto Heroes』(マイクリ)の関連リンク