Gods Unchained

[Gods Unchained] 主要ゲームモード紹介!ここからプレイを始めよう! (by極度信玄さん)

極度信玄さんによる寄稿記事の第2回だよ!
今回はGods Unchainedに現在実装されている基本的なゲームモードを紹介!

どこから手をつけていいかわからない人はぜひ参考にてくれよな!

まだアカウントを持ってない方は「ゲームの始め方」を読んで、プレイする準備を整えましょう!
ピプリクトではカードリストの英語訳もご用意していますので、そちらもご参照のうえGods Unchainedを楽しんでください。
あわせて読みたい
[GodsUnchained] Genesisカードリスト 日本語訳版 Gods Unchained https://pprct.net/gods...
あわせて読みたい
[GodsUnchained] Coreカードリスト 日本語訳版 Gods Unchained https://pprct.net/gods...

今回の記事のテーマについて

今回はGods Unchainedの主要なゲームモードやメニューについての説明です。
それぞれのモードの特徴や、初心者がプレイする上でのお薦めの順番、現状について説明していきます。

※正式サービス開始直後の現在では実質的に機能しているモードは一部のみですが、個別に挙げていきます。

メインメニューの解説

正式サービス開始直後の現在では5つのメニューがありますが、使うのはほぼ対戦を行うArena、次にデッキビルダーであるWorkshopの2つです。

Arena

一番のメインである対戦モードです。
相手が人間、AI(CPU)に関わらずArenaで対戦を行います。

こちらはモードが複数あるため、詳細は後述します。

Temple

カードパックを開封するモードです。
主にプレイ報酬で得たカードパックをすぐにここで開封できるイメージでよいでしょう。

購入したカードパック(今はセール終了に付き基本的に購入はありませんが)もここで開封可能なはずですが、そちらは購入を行う場である公式サイトでのTempleで行うイメージでよいでしょう。

Inventory

4種類の資産を確認できますが、現在2種類しか実装されていません。
主に所持するカード確認用だと認識下さい。

下記の4種類のうち、上の2つが実装済み、下の2つが未実装です。

  • Cards (所持するカード)
  • Boards (試合中の自陣側背景を所持するBoardから選択)
  • Emotes (恐らく試合中に使えるコミュニケーション用アクション)
  • Trinkets (試合中、自陣の背景に設置できる飾り)

Workshop

俗に言うデッキビルダーです。
デッキの登録、編集、削除をここで行います。

基本的には直感的に操作できる内容ですが、一点だけ解りにくいところを説明しておきます。

それは登録したデッキの命名と削除です。

対象デッキを開いたら画面右下にある”EDIT DECK”を開きます。

名称変更は下記のように変更とセーブを行います。ちなみに日本語でも命名可能です。

削除の場合は”DELETE DECK”を選択します。

次の確認で”Yes, Delete”を選択すると削除されます。

Store

こちらを選ぶとプレセールを販売していた公式サイトがブラウザで開きますが、現在は販売していないため、実質的に機能していません。

近い将来、Marketplaceがここに追加されるなり、別のメニューとして登場すると思われます。

Marketplaceが登場すればカードの売買が可能になるため、プレイ報酬のカードで稼ぐことも、不足カードを買い足すこともできるようになるでしょう。

Forge (未実装)

これはベータ版終盤に実装された機能です。正式サービス開始後には実装されていません。概要としては要するにカード合成によるグレードアップです。

ベータの時にはカードの装飾をランクアップする程度でしたが、正式サービス直前のアナウンスではプレイ報酬のコアカードを合成することによるNFT化(≒資産化、売買可能)や、特定カードを合成することによる新たなカードの精製ができるようになるという様な内容をアナウンスしていました。

NFT化についてはMarketplace実装時に実装される筈なので、楽しみに待ちましょう!

Arenaの対戦モード

Arenaを開くとおおむね下記の様な画面が表示されます。
下記画像右端の赤枠に当たる場所を開くと、それぞれのモードに切り替わります。
その他操作方法は下記画像を見れば大体掴めるかと思います。

現在Arenaに実装されている対戦モードは下記の通りです。

上から1番目と2番目までが現在実質機能している対戦モードで、他はあまりマッチングしません。

また、ゲームを初めたばかりで特にカードを持っていない場合にはスターターデッキしか使えませんので、4番と5番は忘れた方がよいでしょう。

Solo

AI(CPU)と対戦する、練習用のモードです。
まずはこれでシステムに慣れましょう。

上記画像にもある通り、相手であるAIのデッキを指定する必要があります。これは自分で組んだデッキがあればそれも指定できますので手持ちカードがあるならば練習に活用するとよいでしょう。

Ranked Construct

手持ちカードで自由に組んだデッキを持ち寄り対戦、かつ勝敗の結果でレーティング、ランキングが上下する、俗に言うランクマッチです。
現状まともにマッチングできるのはこれのみではないでしょうか。

またWeekend Ranked Constructという週末限定のイベントがあり、ここでは試合をこなすと報酬のパックが貰えるそうです。どうせやるなら週末にまとめてやった方がお得であると言えるでしょう。

Construct

手持ちカードで自由に組んだデッキを持ち寄り対戦しますが、こちらはランキングと無関係です。

Quick Draft

自分の手持ちカードからランダムに選ばれたパックを7回開き、開く毎に10枚の中から5枚ずつ選択して合計35枚のカードプールを作り、そこから30枚で構築したデッキで対戦を行います。

Quick Sealed

自分の手持ちカードからランダムに選ばれた50枚のカードプールからデッキを構築して対戦を行います。

初心者にお薦めの練習方法

自分のカードを持っているか否かに関わらず、まずは完成度の高いスターターデッキをSoloモードでAI相手にしてシステムに慣れましょう。

※スターターデッキと各Godの解説は「God別の基本プレイスタイル解説」の記事を参照下さい

そして最初はWar、Nature、Magicの三種類を使うことを推奨します。

AIは正直なところあまり賢くありません。味方へ除去魔法を使ったり、敵へ強化魔法を使ったりします。そういう意味で練習相手としてある程度の歯応えがほしい場合には、WarかNatureスターターデッキをAI側に選ぶとよいです。

「Solo」をプレイしてある程度カードやGodの特徴を把握できたら、すぐランクマッチである「Ranked Construct」でどんどん戦っていこう!



『Gods Unchained』(ゴッズ・アンチェインド)の関連情報

ゲームの遊び方

ゲーム攻略 (by 極度信玄さん)

データ集

『Gods Unchained』(ゴッズ・アンチェインド)の関連リンク